2014年06月05日

ワイン文化を支える欧米の富裕層とオークション   No2

022.JPG
皆さま、大変ご無沙汰いたしました。今回もまた世界で一番最悪起業であるPLDTがDSLを断線しておりました。
修理に来た係員に原因を着ても電話線を切断され泥棒にあったためという分けのわからない理由を述べていましたが本当の理由はよくわかりません。



それでは前回の続きを開始いたします。
ブローカーは、ワインを売りたい個人や企業のお客さんに買いたい個人や企業を紹介する人達です。誰がどんなワインを持っているのか、誰が何を探しているのかという情報を持っており、ブローカー同士で情報交換して、売買を成立させています。一方のコンサルタントは個人や企業が所有するワインの管理を行い、売買や投資のアドバイスをします。オークション会場ではクライアントに代わってワインを落札しているコンサルタントをよく見かけます。

また、ワインショップの中には、インポーターなどから仕入れたワインを売るだけでなく、個人の委託でワインをショップに並べているところも珍しくありません。特にカリフォルニアのナパ・ヴァレーでよく目にします。
※カリフォルニアのワイン産地。オーパス・ワンなどの著名なワインを多数生み出している。2000年代前半までの、カルトワイン※全盛期のころは、正規ルートで市場に出る流通量が極めて少なかったため、個人所有のワインを店頭に置くケースが多く見られました。

こういった場合は、ショップがワインを買い取るのではなく個人所有のまま店頭に並べました。カルトワインがあるかないかで客の反応は大きく変わります。またワイン好きが集まるSNS(交流サイト)などでもそのショップ名が話題になるからです。※カリフォルニアなどで生産されるワインの中でも、生産本数が非常に少なく、希少性の高いワインをカルトワインと呼ぶ。スクリーミング・イーグル、ハーラン・エステートなどが有名。
2011年にニューヨークで開かれたオークションでは、スクリ―ミング・イーグルのファーストヴィンテージ1992年のマグナムボトルが一本約190万円で落札された。そして、忘れてはならないのがオークションです。

アメリカのオークションハウスは規模が大きく、ニューヨークを中心にシカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市でオークションが開催されます。代表的な会社はクリスティーズ、サザビーズ、ザッキーズ、アッカー、それにシカゴを拠点とするハート・デービス・ハートなどがあります。ハート・デービス・ハートは元サザビーズのワイン部門のトップ3名が独立した会社で、ワインショップとオークションを運営しています。



.

 

 

posted by タマラオ at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98985790

この記事へのトラックバック