2008年08月21日

食べ物情報

003.JPGつい最近リトル東京のすぐ斜め前にMARUCHAN DININGと言う新しい店が8月4日午後6時 開店した。
メニューも豊富で今のところオープンして間がないのでクッキング・サービスにもかなり気を使っているようである。

ラーメンをはじめ和食、韓国料理、中華、洋食など200種類以上の多彩なメニューがあるのは楽しめる。客席 1,2階合わせて約130席
2F 大小個室にて喫煙可能

2282 Chino Roces Av., Makati City リトル東京向かい 
TEL 759-7777

先週の火曜日は Makatiにお住まいの Hさんのご案内でMakatiにある日本橋亭に行ってきた。
待ち合わせ時間は午後6時に 店の前ということにしていましたが、さすがにお互い日本人です、Hさんは6時少し前に到着されましたが、いつもフィリピン人との約束時間には泣かされているので当たり前のことがとても新鮮に感じられました。(笑)

ちなみにフィリピン人との約束の場合は、約束した時間に来ない場合は大体6時位からシャワーをはじめ1時間後の7時過ぎか1時間半後に到着するようです。
ですから待ち合わせ場所・時間は屋内であること、テーブル椅子がある場所を指定しないと熱中症になる危険性があります。(笑)

約束の場所についたフィリピン人の最初の発する言葉を観察してみて下さい。トラフィック・カセー(だってって渋滞していたから!)と最初に言い訳を言って、済みませんと謝ることは絶対にありません。
これは長年の植民地時代からの遺伝子が影響しているのでしょうか?

☆日本橋亭の8月のプロモ
激安ランチセット (11:30AM−2:30PM)
チラシ寿司 通常P280 → P220
てんぷら  通常P230 → P220
USビーフすき焼き 通常P470 → P350

2F お好み焼き・鉄板焼き
和風ビーフステーキ P1200
お好み焼き 各種 P300

店のなかの雰囲気は、リトル東京にあるきくふじよりかなり高級な店のように感じられた。カウンター席は入口を入ってすぐの左側に作られており並べてある魚もなかなか新鮮そうに見えて印象もよい。
店の中央から奥にかけてゆったりとした配置でテーブル席がセットされていた。
喫煙席はガラスで仕切られた部屋がカウンター席と向き合う形でテーブル席の向こう側に大きな部屋が5部屋ほど配置されていて、たばこを吸わない我々には大変ありがたい配慮を感じられる。

マラテの方にも日本橋亭があるがここの姉妹店であると思われる。
Makati店と違って客層が合わないのかつい最近オープンしたばかりであるが、どうも今は店を閉めている様子だ。

入口のセキュリティに聞いてみたら8月18日にリニューアル・オープンをすると言っていたので既にオープンしていると思われるが詳しい内容までは拙いタガログと英語では聞き出せなかった。(笑)

この日本橋亭ではHさんと生ビールを注文し歓談しまたいろいろ情報を交換しながら、握り鮨を食べてみた。
味の方は、これがまた結構うまくて最近マニラで食べた寿司の中では一番おいしく感じられた。
Hさんも言われていたが最近はどうも「きくふじの」常連だった人達の一部がこの店に変わりつつあるようだと。話を聞くと何となく納得できる雰囲気の店と味であった。

寿司の値段も夜のメニューにしては P280と大変リーズナブルである、これだったら我々貧乏隠居の身でも何とかなる値段である。
この日本橋亭は表の看板には焼き肉。ステーキ等の文字も書いてあるが、その中に「居酒屋」という看板の文字も見える。
しかしこの店がそのまま日本にあってもとても居酒屋とは思えないような上品な店の雰囲気とサービスを感じた。

今度はランチタイムに家族と来てランチセットメニューなどのチェックをしてみよう。

 

 

posted by タマラオ at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18212526

この記事へのトラックバック