2015年09月20日

南部鉄器の伝統を守りながらカラフルな急須を開発し、海外進出を加速    No3

166.JPG
海外進出当初は、主に日本好き、東洋好きの人々に置物として購入されていたイワチューだが、現在では生活の中で楽しまれるようになったということだろう。

重厚で優しい鋳肌を活かして着色したカラフルな南部鉄器
作り方は変えないし、海外でも作らない。 クリスマスシーズンは通常の2倍ほども販売量が増える。プレゼントとして購入する外国人が多いからだ。自分で使った上で、よい品物だと思うから人に贈るのだろう。鉄器は大切に使えば、孫の代まで長持ちし、使えば使い込むほど味が出てくる。それがまた、ヨーロッパ人に好まれるのだという。  長く使うからこそ、急須の中に石
灰がたまったり、メンテナンスの必要も出てきたりする。その時、しっかりとした対応ができるように、岩清水は信用のある代理店を通して売っている。

「私たちの製品は大量生産できるものではありません。もちろん、現地の人々の好みや生活スタイルなどを取り込んだデザインを工夫していますが、どんなに売れようとも作り方は変えないし、海外で作ることもありません。
海外で作られたコピー商品もヨーロッパで出回っていますが、外見は似ていても中身は全く違う。だから、小売店を見て回ると、日本製を扱う店とそれ以外の店は明確に分かれています。購入するお客さんの層が違うからでしょう。その点ではコピー品は怖くありません。日本の伝統文化の質を守っていくことが私の仕事です」

海外に出ていなかったら今の岩鋳はない
最近では海外で岩鋳の急須を見た日本人観光客が、日本製と知って驚いて帰国後に注文するケースも少なくない。カラフルな急須が国内でも話題になり始めている。  「もし、思い切って海外に出て行ってい
なかったら今の岩鋳はなかったでしょう。やはり、基本がちゃんとできているからこそ、新しいことにも挑戦できたのだと思います。もちろん、今後も伝統文化は絶やさず守っていきます。その上でさらに新しいことを手がけていきたいですね」と、岩清水は祖父、弥吉の遺志をしっかりと引き継いでいる。

伝統を守りながら、革新を続けてきた岩鋳では現在、職人のなり手も多く、若い人が入社してくる。60歳のベテランを筆頭に、50代、40代、若手と6人の職人が伝統工法を守っている。今どきの姿格好の若者たちだが、熱心に鉄器づくりに取り組んでいるという。
 「昔は若い人の定着率が悪かったですが、今は長続きしています。地元で伝統工芸やものづくりが好きという若者も増えているようです。

鉄器づくりは1500度もの鉄を鋳型に注ぐなど危険な作業があるので、決して事故を起こさないように残業はさせず、休日はしっかり取ってもらうことを原則にしています。職人には健康第一で早く技術を身につけてほしい。しかし、いくら腕のいい職人を育てても、売り方を工夫しなければ会社として存続できません。それはもったいないことです。伝統産業だろうと、製造と販売のバランスを取ることが重要だと思います」

以前から国内向けにもデザインや大きさを変えたりIHクッキングヒーターにも使えることをアピールするなど、工夫してきたが、革新的な変更はできなかった。海外からの要望に耳を傾け、あえて挑戦したからこそ、カラフルな急須が生まれ、それが逆輸入されて日本でも人気になった。岩清水の伝統と革新への思いはさらに熱を帯びている。

 

 

posted by タマラオ at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163979856

この記事へのトラックバック