2015年09月13日

絶滅危機のウナギは庶民の食卓に戻るのか     No1

150.JPG
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44004

ウナギは土用丑の日の食べものとしてよく知られ、日本人にはなじみの深い食べものだ。世界にもウナギを食べる民族はいるが、日本人の消費量は断トツだ。 ところが、ここ数年、ウナギの値段は高騰し続け、ついにはニホンウナギが絶滅危惧種に指定された。このままウナギが減り続け、食べられなくなる日がくるのだろうか。

養殖も許可制に、食卓のウナギは幻となるのか
関東地方では4月に真夏日が観測されるなど、今年は早くから暑い日が続く。今年7月24日の土用丑の日にはまだ間があるが、かば焼きの香ばしい香りが恋しくなっている人もいるのではないだろうか。 ウナギは、ビタミンやミネラルを豊富に含む栄養価の高い食品で、昔から滋養食品として食べられてきた。しかし、2014年にニホンウナギが絶滅危惧種に指定され、ウナギ資源に対する危機感が高まっている。ウナギ資源を保護するための対策は強化されており、国内の養殖業は2014年から届け出制となり、今年の6月1日からは許可制になった。

相次ぐウナギのニュースに、「ウナギが食卓から消える」と不安を抱いている人も多い。 ウナギ属は知られているだけで世界に19種類分布しているが、日本でみられるニホンウナギ(Anguilla japonica)は、日本のほか、台湾
や韓国、中国などに生息している。ウナギは、海と川を行き来する回遊魚で、冬から春にかけて、「シラスウナギ」とよばれる透明な稚魚が日本付近の河口に集まってくる。しばらくして親と同じ色をしたクロコになると川を遡上し、多くは川や池で成長し、成熟すると産卵のため海に向かう。

日本人が1年間に食べるウナギは約6万トンだが、その99%は養殖ウナギだ。養殖業者は、漁師が捕まえた0.2グラムほどのシラスウナギを買い取り、池で餌を与えて、200〜300グラムの大きさまで育てる。つまり養殖ウナギとは、天然の稚魚を人工的に育てたものなのである。シラスウナギの漁獲量は年々落ち込み(図)、それに伴い、取引価格が高騰している。2003年には1キロあたり16万円だった価格が、2013年には過去最高の1キロあたり248万円まではね上がった。

2014年は漁獲量が増え、取引価格が少し値下がりしたものの、2015年の漁獲量はかんばしくなさそうだ。こうしたシラスウナギの高騰にともない、一獲千金を狙った密漁が後を断たない。ところが、シラスウナギの不足はいまに始まったことではなかった。

シラスウナギ不足は戦前から
ウナギの養殖は、明治時代に始まった。江戸時代までは、川や沼で捕まえた天然ウナギを食べていたが、1879(明治12)年に東京・深川の服部倉次郎が池でウナギの幼魚を育てたのが始まりといわれる。 その後、服部が浜名湖沿岸で養殖に成功したことをきっかけに、この地域を中心に、静岡県や愛知県でウナギの養殖業がさかんになった。大正時代は、まだ天然ウナギの漁獲量の方が多かったが、昭和に入って間もない1928(昭和3)年には、養殖ウナギの漁獲量が天然ウナギの漁獲量を上回った。

ウナギの養殖池が増えると、シラスウナギの需要も増加し、シラスウナギが不足し始めた。浜名湖周辺だけではシラスウナギをまかないきれず、養殖業者は関東や四国、九州、さらには中国の青島や上海にもシラスウナギを求めた。上海でとれたシラスウナギを船で長崎まで運び、長崎から浜名湖地方までは鉄道で運んだという。 戦争中の養殖は停滞したが、戦後徐々に回復し、高度経済成長期には養殖池が拡大した。すると、1960年代には再びシラスウナギ不足になり、価格も高騰した。

そのため、徳島県や鹿児島県などシラスウナギの産地では、シラスウナギをそのまま出荷するより、養殖して成魚にするほうが経済的にメリットがあると考え、水田やビニルハウスを利用して養殖を始めた。 こうして、シラスウナギの不足が引き金となり、新たなウナギの産地が誕生した。かつてウナギの生産量は、静岡県が全国の生産量の4分の3を占め、首位を独占したが、1982(昭和57)年に首位を退き、現在のトップは鹿児島県になっている。

 

 

posted by タマラオ at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163487256

この記事へのトラックバック