2015年04月15日

高学歴ワーキングプアの抜け出せない苦しい現実 No1

063.JPG
http://diamond.jp/articles/-/28112

いまの日本には、「社会のレール」から離脱したことのない人たちには想像もつかないような課題が、目の前に立ちふさがっているのではないか。 様々な事情で、一旦、レールから外れた人たちの多くは、その後、仕事に就くことができないまま、本人の意思を超えて、引きこもらざるを得ないような日々を送っている。この国で「引きこもり」の長期化・高年齢化が進む背景は、想像以上に根が深い。 いったいなぜ、こんな状況が起きるのだろうか。

以前もお伝えしたように、当連載第120回の「1年に300社以上の採用試験に落ち続けた40代男性」を取り上げた記事には13日現在、53万以上のアクセスがあり、 前々回の「大卒無業者になる人の共通点」を
テーマにした記事にも、約22万アクセスの反響があった。また、その後も読者からは、記事にある“再就職難民”や“大卒無職者”に関して、数多くの感想や体験談、情報等が寄せられた。今回も、そんな反響の中から、記事への引用をご了承いただいた方の感想等について、固有名詞を特定されないように多少編集させていただいたうえで紹介したい。

高卒が就けるアルバイトもできない? 高学歴ワーキングプアの苦悩
<一度職を離れると再就職は難しい。私も同じ状況にあります> こう明かすのは、博士号を取得した後、関東地方の大学で、研究員として10年以上勤めたものの、上司との関係悪化から雇い止めになった女性。いまは、いわゆる「高学歴ワーキングプア」の状態にあるという。<再び研究職に就くためには教授クラスの推薦状が必要ですが、私に推薦状を書く上司はいませんでした。研究職に未練がありましたが、なにより働かなくてはなりません。前職に未練などと言っていられません>

彼女は、ハローワークに行き、求職相談をして派遣会社に登録。求職活動に励んだ。しかし、まったく仕事はなかった。 「博士さまを、社員として雇う会社はない」 というのが断られ
る理由だ。経歴を詐称しなければ、雇ってもらえないということなのだろうか。<マスコミでは高卒、中退者の方の就職難が取り上げられますが、高学歴者も、学歴を理由に職を断られます>アルバイト募集をみて履歴書を出すと、 「こん
な高学歴なのに、うちでバイトしたいというのか? ふざけているのか?」 と、怒鳴られた。

<ふざけるもなにも、私は仕事をして収入を得たい、という当たり前のことを考え、当たり前に職を求めているだけなのですが、私に仕事はありません。アルバイトもできません。 なりたい職業を目指して努力し、そのための手段として高学歴をとったのですが、あきらめて他に職を求めると、高卒が就けるバイトの仕事にすらつくことができない。それが“高学歴無職者”の現状なのです>

会社を辞めて大学院へ行けば二度と“安定コース”には戻れない
“高学歴”になるにはお金がかかるということだと、彼女は説明する。<大学院進学には学費も生活費もかかりますが、高齢の親に、おんぶに抱っこはできません。実家がよほど裕福でない限り、バイトに時間を割くと、研究に差し支えるため、奨学金に頼ることになります。そうして大学院生は大学院終了時、学位と共に奨学金という長期返済の負債を抱えて社会へ出ます。高学歴無職者の何割かは、ただの“収入がない”無職者ではありません。“抱えた借金(奨学金)を返せない”無職者なのです>

 

 

posted by タマラオ at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119558915

この記事へのトラックバック