2015年03月19日

73歳で駒大合格の欽ちゃんと 東大合格者に共通の勉強法とは?    No1

039.JPG
http://diamond.jp/articles/-/68444

ドイツ・メルケル首相の来日が七年ぶりという報道があったが、遡れば七年前の二〇〇八年、我が日本国の総理大臣は麻生太郎氏(現財務・金融担当大臣)で、国会答弁で「ミゾユー」とか「フシュウ」という言葉を連発していた。自民党が民主党に政権を譲る一年前のことでもある。そして、それからの七年で日本の総理はめまぐるしく四人も替わり、また、その間に自民党は政権を奪取もした。

アンゲラ・メルケル氏がドイツ首相に選出されたのは二〇〇五年(第一次メルケル内閣)、いまから十年前になるが、二〇〇五年当時の総理は小泉純一郎氏。同じ年に安倍晋三氏に総理の座が禅譲されると、さきの二〇〇八年、麻生総理(当時)に至るまで、日本では一年ごとに総理が交代していた。この十年間で総理の椅子に座ったのは実に八人である。これじゃダメだ。安倍ちゃん……、もとい、安倍総理は長期政権を担いそうだが、政治というのはそれが本来の姿だろうと思う。

アベノミクスの可能性には内心で首を傾げているが、ひとつの政策をひとつの政党が腰を据えて取り組むことが肝要だ。政策を投げ出すかのように総理がころころと変わっているようでは、日本はナンパ……、もとい、難破してしまう。という話はさておき、ひとつ所に目標を置いてこつこつと事を進めるという意味においては、政治にも受験勉強にも同じことが言える――、という話を。日本を代表するコメディアン萩本欽一さんが駒澤大学仏教学部を受験し、見事に合格
した。驚くべきは、七三歳という年齢だ。 一月一一日朝、欽ちゃんは目の下まで隠れる大きなマスクと、帽子にメガネというスタイルで受験に臨んだとのことだ。かなり周囲を気にしていたらしい。 「自分としてはそんな
に大げさにすることでもないので、なるべくソーッと、ドサクサに紛れて大学に行こうと思ってた。それでほかの受験生とも目をあわせないよう、なるべく下を向いて歩いてたんですよ。

バレてなかった気がするから“内緒”にしてたんだけど――」欽ちゃんの受験は知られていた。合格発表は一月二二日だ。欽ちゃんは「社会人特別入試枠」で受験していた。 『勉学意欲旺盛な社会人を対象
に、生涯学習を資することを目的に実施』駒澤大学のHPにはこうある。募集人員は「若干人」だ。欽ちゃんは、二年かけて合格できればと思っていたらしい。今回の受験は「テストのテスト」のつもりだったそうだ。それが一発で合格してしまうのだけど。

「(前略)昨年三月の明治座公演を最後に舞台に立つのをやめて、『ぽっかり抜けちゃった仕事を一個、足さなきゃならないな』って思ったんだ。『どうせやるなら、一番大変なのは何だろう』って考えたとき、今、自分が一番戦わなければならないのは『ボケ』、つまり認知症だなと。で、『夢はデカければデカイほど実現する』って昔から僕は信じてるから、大学受験することにしたんです(後略)」近年、物忘れがひどくなったことも受験理由のひとつになっているようだ。

他のタレントと話しているとき、相手の名前を思い出せないようなこともあったそうだ。
「『脳が忘れていく』ということは、言ってみれば『引き算』。だったら『足していけばいいんじゃん』と思ったの。脳にどんどん覚えさせることで『まだ覚えるの!?』なんて甦ってくかもしれないでしょ」受験は英語と小論文と面接だが、英語試験には高校の『英語I』と『英語II』レベルの知識が必要になる。覚えるべき英単語は三〇〇〇語前後になるらしい。思わず自分は三〇〇〇語も英単語を言えるだろうかと考えたが、すぐに言えることに思い当たった。私は一から三〇〇〇まで英語で数えられる。これで三〇〇〇語だ。という冗談は措いといて、欽ちゃんは知人の塾の講師に『ちゃんとした先生』と『おバカ用の先生』を紹介してもらった。この二人が、欽ちゃんの家庭教師だ。 「(前略)七三歳ですから、初日に一ページ目を勉強して、翌日に次の二ページ目をやり、その次の日にまた、最初のページ戻ってみると九割は覚えてなかったね。だって参考書ってアレ、参考にならないんだもん。あれは『説明書』。それに『ちゃんとした』先生は全部教えようとするから覚えられない。『なんでそんな難しいことを教えようとするんだよ』ってツッコミを入れながら勉強していました。おバカな子に三つも四つも教えようとしても、どれを覚えていいかわかんないよ。でも、同時に、『これは何か工夫しなければならない』とも思ったんです」その工夫のひとつが、参考書の「自作」だった。 「参考書と問題集を買って、それを全部コピーして一ページ一ページ、ノートに貼って(中略)、これは参考書に書き込むと頭に入りません。この作業が飽きなかったので、『ああ、大丈夫だな』って思いました。だって、僕にとって受験勉強は遊びですもん(後略)」

 

 

posted by タマラオ at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115357246

この記事へのトラックバック