2014年07月08日

大阪の外国人観光スポット黒門市場    No1

067.JPG
日経ビジネス    http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140616/266904/?P=1

平日の午前中から多くの買い物客で賑わう黒門市場(大阪市中央区)。地元客に加え、多くの観光客が訪れる。中でもアジア系の外国人観光客の姿が目立つ。商店街のアーケード内には無料休憩所、トイレ、Wi-Fiスポットの施設案内が外国人にも分かりやすく表示され、実際に利用する外国人も多い。  観光地にとって最大の課題はリピーターの獲得です。

観光庁の「訪日外国人の消費動向報告書(平成26年1-3月期)」によると、日本への再訪意向で「必ず来たい」と回答した人は56.6%。「来たい」37.1%と合わせると93.7%の人がまた日本に来たいと答えています。

人気観光地や有名な名所旧跡を、二度以上訪れる人はそれほど多くありません。リピーターは何を求めて再び日本に来るのでしょう。 同調査で今回の滞在中にしたいことを訊ねたところ、1位は「日本食を食べること」(91.9%)で、2位の「ショッピング」(69.7%)、3位の「繁華街の街歩き」(49.1%)を大きく引き離しています。また、「日本食を食べること」は次回したいことでも85.1%で1位となりました。

昨年12月、ユネスコ世界無形文化遺産に「和食」が登録となり、国内では観光資源としての「食」への関心が高まっていますが、海外では「日本の食」はどのように評価されているのでしょう。国や地域によって、そのニーズに違いはあるのでしょうか。 かつて、外国人に人気の日本食は「寿司」「天ぷら」「しゃぶしゃぶ」と言われました。ところが2010年のJNTO(日本政府観光局)「訪日外客訪問地調査」で人気上位となったのは、1位「寿司」(44.0%)、2位「ラーメン」(24.0%)、3位「刺身」(19.7%)で、4位には「うどん」(10.8%)が入っています(「天ぷら」(9.7%)は5位)。

ちなみに台湾では、2009年にラーメンが寿司を上回ったといいます。そこから4年を経て、外国人は今どんな日本食に関心を持っているのでしょうか。 今回は、食で訪日リピーターを呼び込む“天下の台所”、大阪の「黒門市場」の人気の秘密に迫り、訪日観光における食の可能性を探ってみます。買ったものが店内で食べられることを伝える手書きのポップ。:黒門市場の無料情報冊子。/EXPLORER OSAKA黒門市場
特集(日本語)、/英語・繁体字中国語版の市場オフィシャルガイドマップ。:黒門市場では見物や写真撮影だけでなく、実際に食事や買い物を目的に来る外国人観光客が多い

黒門市場には多くの外国人客が訪れています。それを強く意識したのは、2011年の東日本大震災の直後でした。黒門市場商店街振興組合の事務長、國本晃生さんは「震災後、市場内はがらがらになって。こんなにもたくさんの外国人が来ていたのか、という声があちこちで上がった」といいます。半年も経たないうちに外国人客は戻ってきましたが、その時の危機感が現在の訪日客誘致の取り組みに繋がったのかもしれません。

 

 

posted by タマラオ at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101480954

この記事へのトラックバック