2015年01月06日

東京の地下鉄は、世界一なのです! No6

074.JPG
例として、日本は順番に整列する規範が強く守られているのに対し、米国では、皆自由に並ぶという規範があります。普段なかなか意識できませんが、東京の電車にはたくさんの見えないルールが存在します。「黄色い線の内側で待つ」、「忘れ物がないよう注意する」、「つり革につかまる」、「線路に立ち入らない」などです。次のページに載せたのは日本人にとっては日常的な写真ですが、ほかの都市部ではこのようにたくさんのルールが、しかも絵と一緒に貼られていることは滅多にありません。

これらの書かれたルールに加え、表記されていないルールも存在します。地下鉄で食べ物を食べる人、靴を脱いで座席に置く人、鼻をほじる人、大声で電話をする人などはほとんどいません。ではほかの国ではどうなのか、と気になるかもしれませんが、聞かないほうがいいです、とここではお答えします。 「ストロング・カルチャー」は、経営学の観点からすると、力の原点にもリスクにもなります。企業DNAというか、社風とでも言えるような独自の規範と価値観を強く守ることは、日本企業にとって強みにもなります。

例えば、トヨタ生産方式(カンバン、アンドンを用いた、いわゆるジャスト・イン・タイムシステム)は、この特性を生かして作られました。 確実に指示に従おうと高い意識を持つことは、日本の高品質な製品の生産、すなはち「ものづくり」の成功に強く繋がっているのです。米国人は、同じような、 規範を強く守るような経営システムを生み出すために
長い間苦労しています。 逆にストロング・カルチャーのリスクは、企業が変革しなければならないときには、誰も率先して新しいことを提案したり、実行したりできないことで、つまり現在の多くの日本企業に当てはまるのです。

新規企業家精神やイノベーションは、時折強く守られている規範や“模範的”な行動によって妨げられます。「企業カルチャー」の経営は 今現在アメリカ経営論 のホット ・トピックの一つで
す。

日本は、大衆が快適に過ごせる豊かな国
最後に、東京の地下鉄には、オペレーション・マネージメントの要素があります。それは、平準化という、物事を円滑に行うシステムを用いていることです。例として、スイカとパスモのイノベーションがあります。また、電車を待つ人の並ぶ位置、出口の位置などを見ても、平準化を優先して駅がつくられていることが分かります。 さらには先ほど説明したように、効率的に空調設備を配置し、常に快適な温度設定を心がけることにより、心地よく職場に到着できるよう配慮されています。

他の国の都市では、このような、配慮のためにわざわざ費用を払うことはありません。しかし日本では、実用性と効率性を最大限に配慮することにより、使いやすく、そして使用頻度が高い製品のイノベーション・生産を可能にしているのです。もちろん、ヨーロッパやアメリカの都市も、とても快適で便利なシステムを提供していますが、大抵これらは、ある程度の金額を払える人にしか使うことができません。

それに対し東京の電車と地下鉄は、大衆のためのシステムとして、日々改善されています。日本はとても豊かな国なのです。そんな良さをかみしめながら地下鉄の利用を楽しんでみるのも、たまにはいいかもしれませんね。

 

 

posted by タマラオ at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月05日

東京の地下鉄は、世界一なのです! No5

211.JPG
東京の地下鉄と、日本の経営力
第1に、東京の電車・地下鉄が素晴らしい最も明白な理由は経済学でいう、“規模の経済(economies of scale)”のためです。東京では1キロメートル圏内の線路・駅にお
いて鉄道利用者が多いため、鉄道を改善するための投資収益率(ROI)がとても高いのです。特に、入口・出口の数が多く、便利な位置に配置されているのは、このためです。更に、電車の利用率が高いため、運賃を比較的安く抑えることができます。

また、明治時代から始まった日本の鉄道技術とイノベーション が、世界に誇るものであることが挙げられます。今日のコラムでは東京をテーマとしていますが、日本の鉄道技術は“ガラパゴス商品”ではありません。鉄道システムは大事な輸出品なのです。また、地下鉄システムの素晴らしさは、日本の経営における4つの強みを反映しています。まず、長期的計画性と一貫性があげられます。東京の鉄道は1世紀も前から造られており、古い鉄道と新しい鉄道が入り混じっています。

それでも、同じ一貫した計画の上で造られているため、JRと地下鉄の相互利用が可能となっているのです。 これにより混乱が抑えられ、乗り換え乗車を簡単にし、都内の電車として全体の価値を上げることができます。日本の鉄道を経験すると、全く違うシステムで機能する別々の鉄道を同じ場所に造ることは馬鹿らしいと感じますが、実際ほかの国の都市では、相互利用に問題がある鉄道が導入されているために、旅行者が苦労することが度々あるのです。

研究開発と専門知識を融合させるのは、日本の強さの1つです。例えば、「メカトロニクス」という分野は1970年代に、機械工学、電気工学、電子工学、情報工学の知識・技術を融合して導入された日本の発明品なのです 。2つ目に、これ
もまた規模の経済が働くのですが、カスタマーサービスが挙げられます。乗客数が多いほど、従業員の給料などの固定費用が1乗客当たり少なくなるのです。しかし、世界中のどこを探しても、全ての駅に最低1人は駅長がいる国は、日本以外に見たことがありません。

しかも、駅長は大抵とても優しい人です。以前朝の山手線に乗ったとき、もちろん朝のラッシュの満員電車は心地良い体験ではなかったのですが、浜松町駅で降りると、駅長が「おはようございます!」と元気良くアナウンスしていました。
ニューヨークの怒りっぽい駅長や、ドイツの全くアナウンスをしない駅長と違って、東京ではこのような素敵な駅長がいます。最後に、英語の標識や券売機に英語表記があることは、とても助けになります。

例えばドイツには英語表記がありません。これにより、冒頭の知人のように、東京が初めての外国人でも東京の地下鉄を問題なく使うことができます。パスモにチャージする機械でさえ、英語表記があるのも嬉しい限りです。総じて、日本は細部へのこだわりやカスタマーサービスに長けていることが、この地下鉄の例からよく分かります。 3つ目に、公的行動に、経営学で言う、「ストロング・カルチャー」が加わっていることが挙げられます。「カルチャー」は、確立された規範や価値を表し、「ストロング」はそれがどの程度守られているかを表しています。

 

 

posted by タマラオ at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月04日

東京の地下鉄は、世界一なのです! No4

210.JPG
東京の地下鉄は快適!
様々な要素により都内の電車は、大衆が利用する公共機関としてこのうえない快適さを持ち合わせています。まず、電車は少ない急カーブで、滑らかに走ります。ニューヨーク、ロンドン、ベルリンの電車は揺れも、きしむ音も、雑音も激しいです。都内の地下鉄が静かな理由の1つに、銀座線と複数の線を除き、地下鉄が新しく、地下深くを走り、まっすぐ走っている時間が長いからかもしれません。これにより、段差も雑音も少ないのです。

ホームから電車までまっすぐ歩くことができ、ホームと電車の隙間が小さいことが普通だと思うかもしれません。しかしロンドンでは、隙間が大きすぎるため「隙間にご注意ください」(“Mind the Gap!”) という標識がわ
ざわざ立てられていることがあります。ドイツでは、ホームより電車のほうが高い位置にあり、階段で登らなければならないため、足の不自由な方々にはもちろん、誰にとっても不便です。更に都内の電車は、指定された車両とドアの番号の位置に正確に停まります。

ニューヨークやロンドンでは、ホームにそのようなマークはありませんし、ドイツでも、ホームのだいぶ前だったり、後ろだったりと、電車があちこちで停車します。そのため、電車を待つとき、どの車両に座ることになるか予測することは不可能です。一番の驚きは、ほかの国と比べて、東京の地下鉄の空調システムがとても発達していることです。大抵、地下鉄の空気は変な臭いがしません。もしかしたら、暑い日はエアコンが足りないと感じるかもしれませんが、暑い夏の日の、サウナのようになったニューヨークの列車に比べたら、東京のほうがはるかに快適です。

そして東京の冬は、暖かく心地よいです。一番嬉しいことは、激しい雨の日に、都内の地下鉄がドライヤーのようになってくれることです。風が強く、湿った空気を逃がしてくれるので、目的地の駅に到着する頃には、靴がほぼ乾いています。すごいですね!。そしてもちろん、このようなシステムはほかの国では見つかりません。

地下鉄は時間に(大体)正確
日本人の方は当たり前と感じがちですが、筆者のような外国人から見たら、平均的にみてどの都内の駅でも、乗客の行儀がいいことにとても感心するのです。もちろん例外はありますが、失礼な人はほんの一部の、少数だけなのです。乗客は皆きれいに整列し、混雑時にはもっと人が並べるように間を詰め、そして車内を静かに過ごします。他の人の邪魔をしないようにするばかりか、困っている人を助けようともします。 「マナーモード」が和製英語であることを知っていましたか?。

アメリカやヨーロッパにはそのような単語は存在しません。もちろん携帯の音量を下げますが、それは単純に「ボリューム・コントロール」と呼ばれます。外人にとって特に驚きなのは、ほとんどの人がマナーモードを使用していることです。米国にこの単語が存在したとしても、ほとんどの米国人はマナーモードにすることを気にもかけないでしょう。東京の地下鉄に関する素晴らしい面はまだまだありますが、皆さんはとっくにご存じでしょうし、日常的過ぎてありがたみが薄いものも多いでしょう。

そこで、今度は都内の電車がこのように機能している理由を、日本の経営の特徴に交えてお話しましょう。

 

 

posted by タマラオ at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月03日

東京の地下鉄は、世界一なのです! No3

207.JPG
ドイツも比較的綺麗な都市として知られていますが、ベルリンの電車は例外です。ベルリンの電車内では、アルコールを含めて、飲み物を飲む人がたくさんいます。これにより電車内が臭うだけでなく、とても居心地が悪くなります(欧米の酔っ払いは、日本の酔っ払いより断然たちが悪いのです)。ドイツでは、地元のサッカーチームで試合がある日には、公共の交通機関を使うことはオススメできません。ニューヨークやロンドンでは、駅や電車が古く、改築される様子もほとんどありません。

そしてもちろん東京にはグラフィティ(落書き)がないので、メンテナンスや塗装が楽です。欧米では、新しい電車の座席や窓にさえ、絵を描いたり文字を彫ったりする人がいるのですよ。

東京の地下鉄は安全
地下鉄内で起きる事件は、滅多に聞きません。1995年の地下鉄サリン事件ぐらいでしょうか。ほかの大都市と違い、銃で撃たれたり、ナイフで刺されたり、脅されてお金を取られる可能性はとても低く、普段気にもかけません。リュックサックに貴重品を入れることが世界的に普通じゃない、ということを知らない日本人の方は多いと思います。 日本の国外でリュックサックに何かを入れることは、すりをしてください、と言っているようなものです。

東京で、1度ラッシュアワーの日比谷線でパソコンを置き忘れたことがあります。そのパソコンは無事終点の北千住駅に辿り着き、私が取りにくるまで駅長が保管しておいてくれました。これはもちろん東京でよくあることで、皆さんも経験があるかもしれませんが、他の大都市では、このようなことは信じられません。

東京の地下鉄は簡単
さらに、駅の標識が素晴らしいことも、都内の電車がほかの国より優れている理由の1つです。まず、標識にはたくさんの色が使われており、特に東京メトロは、色を混ぜないようにするのが得意です。逆に他の国では、色のコードがあっても、色が混ざって分かりにくかったりします。 そして最近、東京メトロは各駅に数字をつけることにしたため、地下鉄を初めて使う人を目的地まで案内するのが簡単になりました。そして以前のコラムでご紹介したスイカとパスモにより、必要な運賃を探す手間が省けました。

一方、ドイツでは切符を買うのにとても苦労します。まず自分の目的地の駅がどのゾーンにあるのかを知らないといけないのですが、このゾーンが分かりにくく、しかもピッタリの小銭を用意しなければならないのです。更には、手伝ってくれる駅長もいません。それから、東京の地下鉄は比較的安いです。ニューヨークの最低運賃は約200円、ベルリンは220円、ロンドンは300円もします。 駅の標識の一番いい点は、ホーム上の見やすい位置にあることです。

しかも、前後の駅の名前、そして電車が進む方向も描いてあります。普段気づきにくいですが、これも素晴らしい工夫で、欧米ではこれがないことが不思議です。欧米では電車に乗るとき、行きたい方向に電車が向かっているのか、次の駅で降りるべきなのか、さっき通り過ぎた駅で降りるべきだったのか、などと常に悩まなければなりません。 ほかにも素晴らしいのは、全ての出口に番号が割り当てられていることです。

ほかの大都市で、ここまでしっかりと番号が付けられた地下鉄の出口を見たことがありません…。もし番号がなかったら困る日本人の方は多いと思います。そして最後に、どんな小さな駅にも1人は必ず駅員がいます。これも、ほかの大都市では珍しいことです。

 

 

posted by タマラオ at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月02日

東京の地下鉄は、世界一なのです! No2

205.JPG
東京では、304キロに渡って278の地下鉄の駅が点在しているのですが、これらの数はニューヨークと比べると少なく、ロンドンと同じくらいです。 しかし、これらを1人当たりで計算すると、1日当たり1つの路線において平均66万4000人、1つの駅について平均3万1000人の乗客がいることになります。東京は最も高い利用率も記録しており、1キロあたり2万8000人の乗客がいる計算になります。これを見ると、通勤がとても窮屈に感じるのも仕方がないことなのかもしれませんね。

そしてこの規模の大きさが、東京の電車や地下鉄システムを一層素晴らしいものにしているのです。次に、どうして外国人が日本の地下鉄に感心するのか、主な理由をお話しましょう。言うまでもなく、旺盛な需要がある地下鉄は、非常に高い頻度で、あらゆる場所を網羅しています。東京都心部で地下鉄が走っていない場所は、ほんの数カ所しかありませんでしたが、大江戸線と南北線の参入により、ほぼ全地域が網羅されました。地下鉄は(大体)どこにでもあります  

さらに便利なことに、入口と出口がほとんどのホームの角にあります。それに対しニューヨークやベルリンの駅の入口は、ときどき決まったホームの、しかも決まった方向にしかつながっていないため、もし反対方向に行きたい場合はまた入口まで戻り、道路を渡って反対側にある別の入口を使わなくてはいけないこともあります。また、1400万人が住むロサンゼルスでは、地下鉄が走る地域が非常に限られています。夜に居酒屋へ行きたい人々は、運転できる仲間が一緒にいないとすごく困ります。

ロンドンでさえ、地下鉄は所々にしかありません。東京の日中は大体、平均して少なくとも5分に1回は電車が来ます。これは恐らく香港を除いて、他の国では有り得ません。ベルリンでは、平均待ち時間は10分以上です。もし東京で10分以上電車が来なかったら、通勤する人は不満を持つに違いありません。地下鉄に乗るまで長い距離を歩くことは、度々あります。溜池山王駅で歩く距離は、各駅間の距離より長いかもしれません。

しかし、案内板がとても分かりやすいため、地下を歩くこともできます。ロンドンやベルリンで乗り換えようとしたら、かなりの確率で迷うことになるでしょう。

東京の地下鉄は綺麗です
東京は、先に述べた都市よりも全体的にずっときれいですし、地下鉄も驚くほど清潔に保たれています。1つの理由として、電車が比較的新しく、毎日清掃されている、ということが挙げられるでしょう。また、日本人は電車をとても綺麗に使います。例えば、多くのお母さんは座席が汚れないように、子供の靴を脱がせます。このようなことはほかの都市では起こらないでしょう。 日本人は電車で飲食をせず、ゴミを残して行くこともありません。新聞や雑誌を残していくことはあるかもしれませんが、現在ではそれでさえも少なくなってきています。

 

 

posted by タマラオ at 06:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月01日

東京の地下鉄は、世界一なのです! No1

204.JPG
お健やかに新年お迎えのこととお慶び申し上げます。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140616/266916/?n_cid=nbpnbo_leaf_rcmd

ウリケ・シェーデ ; 米UCサンディエゴ大学教授 日本型経済・経営および経営戦略論の権威。主な研究領域は、日本を 対象とした企業戦略、組織論、金融市場、政府との関係、企業再
編、起業論など。

この間、知り合いの外国人ビジネスマンと東京を訪れた時の話です。とても忙しい日だったので、彼にパスモを渡してチャージをしておくよう頼み、日比谷線八丁堀駅のA5出口で、午後6時に会いましょうと伝えました。 彼は東京の地下鉄を使ったことがなかったので、迷子にならないか心配していました。しかし午後6時、八丁堀に現れた彼は、目を丸くしながらこう言ったのです。

「これは世界一の地下鉄だ!面倒で複雑なシステムのはずなのに、日本はこれを簡単に使えて、当てになる、最高なシステムに作り変えている!」 。英語を取り扱えるスイカ・パスモの券売機がある
だけでなく、全ての駅にローマ字表記、さらには番号表記もあります。地下鉄においては、東京オリンピックへ向けての準備が既に整っていると言っていいでしょう。 東京の電車や地下鉄で通勤している人は、これらの公共交通機関がどれだけ素晴らしいか、普段気付かないかもしれません。

都内の通勤を楽しんでいる人はほとんどいない、と言っても過言ではないでしょう。 私も実際8年間都内での通勤を経験し、身をもってその大変さを知りました。ぎゅうぎゅう詰めの電車、ホームや駅が好きな人は、いないでしょう。前と比べたら減っているかもしれませんが、駅で吐いたりする酔っ払いは最も面倒です。足を怪我している人や、車椅子の人などにとって、電車は使いにくいでしょう。臭いの強い魚を詰めた袋を持ったおばあちゃんは、通勤の妨げになっていることもあるでしょう。

冬の日に、ホームレスが温まるために電車に入ってきた際には、あまりの臭いにその車両を切り離したくなることもあります。そして痴漢も大きな問題です。 それらの欠点を全て考慮に入れても、東京の地下鉄に勝るものは世界にないと思います。海外を旅行した時に電車を使ってみないと、東京の地下鉄の素晴らしさに気付かないかもしれません。このコラムでは、東京の地下鉄の素晴らしさ、そしてそこから見える高品質,高信頼性、慎ましさ、行き届いたサービス,そして細部へも注意が払われているといった、日本の経営管理の強みをお伝えしたいと思います。

まずは、データから見る日本の地下鉄
国土交通省の2012年度調査によると、東京で電車や地下鉄に乗る人は1日3800万人にも上るそうです。そのうち2300万人は定期券を使っています。これらの数値は1日に数回乗車する人も含めています。下の棒グラフから分かるように、
約半数の乗客(1600万人)がJR東日本、約4分の1の乗客(900万人)が地下鉄に乗っています。残りの乗客は東急線(300万人)、東武線(250万人)、小田急線(200万人)、京王線(170万人)、またはほかの線に乗っています。

地下鉄を使う、全体の約4分の1の乗客に注目しただけでも、その数は驚きです。下の表は東京、ニューヨーク、香港、ロンドン、そしてベルリンの地下鉄を比較したものです。表から分かるように、東京には、ニューヨークの2倍、ロンドンの3倍の乗客がいます。ここで注意して頂きたいのは、地下鉄の定義が国によって違うため、数値の比較に少し誤差があるかもしれない点です。 面白いことに、これらの約900万人の乗客は、比較的限られた路線にしか乗らないのです。

 

 

posted by タマラオ at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記