2014年07月04日

海の向こうからやってきた!儲かる黒船家電

063.JPG

TBS がっちりマンデー   http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archives/20130421/1.html

日本向けに改良して大人気の儲かる家電とは?海の向こうからやって来た!儲かる黒船家電!まず最初にやって来たのは、「グループセブ ジャパン」。 出迎えてくださったのは、マネージメント
ディレクターのペア・ラスムセンさん。

スタッフ:どちらの国のメーカーですか?
ペアさん:フランスの会社なんです!

グループセブという会社名はあんまり有名ではありませんが、「ティファール」というブランド名なら聞いた事あるのでは?テフロン加工のフライパンなどが大人気!では一体、儲かっている家電は何なのでしょうか?

ペアさん:電気ケトルです!すぐ沸くやつですね。

そう!「ティファール」が作った、日本でバカ売れの家電は「電気ケトル」。 水を入れてボタンを押すだけで、簡単にお湯が沸かせちゃうってことで大人気!コップ1杯のお湯を沸かすのにかかる時間は僅か42秒!

スタッフ:儲かってますか?
ペアさん:売り上げはスゴくいいけど、儲かってるかどうかは、ちょっと言えるかな?この番組は取引先も見てるからあんまり儲かってるとは言えないでしょ。

では一体、なぜ電気ケトルを販売することになったのでしょうか?
ペアさん:日本の企業は昔からスゴくうまく湯沸しジャーポットを作っていたんです。逆にヨーロッパには湯沸しジャーポットがないんです。 実は、当たり前に思っている湯沸しポットの「保温」
は日本だけの機能。 一度沸騰させてから紅茶を淹れるヨーロッパでは、使うたびにコンロで沸かすのが常識だったんです。

1982年、ティファールは、そんなヨーロッパ向けに、1250ワットのハイパワー、「すぐ沸く」電気ケトルを発売!これがバカ売れ!!その勢いは留まらず、海を越え日本へ!しかし、これが全然売れなかったそうなんです・・・

ペアさん:あの〜、日本人は家電にうるさいんですよ!だからフランスのモノをそのまま持ってこないです。
そこで市場調査を行い、日本人が好きそうなモデルを徹底研究!その結果、ヨーロッパでは1.7Lで発売していたのを、日本仕様に0.8Lを開発!さらに!

ペアさん:これは日本だけ!ピンク色!調査したら日本の女性はピンクが好きだったんです!80歳のおばあさん達も買ってくれてる!これは他の国では売れません!

地道な日本向けの改良の結果、ティファールの電気ケトルは徐々に認知され、これまでに1100万台を売り上げるオバケ商品に成長! 他にもティファールでは、日本向けに一工夫した家電を開
発。

例えば、こちらの「ホームベーカリー・マイブレッド」は、飽きがこないようメロンパンやクロワッサンなど、色々な種類のパンが焼ける。そんな、日本向けに改良を重ねるティファールはがっちりです!

 

 

posted by タマラオ at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記